大会開催概要


エアロ表題

ワールドチャレンジエアロ部

 

 

●ワールドチャレンジエアロ部門は予選・決勝となります。

●シニア3予選はウォーミングアップを除く10分間となります。
●フリールーティン部門(予選のみで決勝は出場しない)を新設致します。ワールドチャレンジエアロ部門の予選と同じルーティンを行います。
●シングル部門は演技のみの参加となります。

【ワールドチャレンジエアロ 審査基準】

1.技術的要素(エアロビクス動作) 
・アライメント・レンジオブモーション(上肢、下肢の可動域)・コントロール能力
・つま先、膝、指先への意識・リズム感・動きの理解能力・身体全体を使ってのダイナミックな動き

2.身体的要素
・柔軟性 ・筋力 ・調整力 ・持久力

3.プレゼンテーション(エネルギー、表情)

4.フィットネス好感度、外観体型、清潔感

※シニア1、2、3及び男子、女子は各部門ごとにランキング制度が導入されます。ランキング上位者は自動的に全国大会の出場権が得られます。

全部