カリキュラム内容

JAAA 全日本アマチュアエアロビクス連盟

JAAA 

All Japan Amateur Aerobics Association

全日本アマチュアエアロビクス連盟

NPO法人
(特定非営利活動法人)

〒130-0021
東京都墨田区緑3-11-4

ハコダビル4F

TEL:03(5669)5851

FAX:03(5669)5932

事務局 月・火・木・金

(水曜日定休)

10:00~16:00まで

お問い合わせメールアドレス

info@jaaa.jp

お問い合わせフォームはこちら

ウエルネスインストラクター(保健指導の実働部隊)=健康づくり支援 × コーチング

 

▼ 目 的
「行動変容(メタボリックシンドロームの改善に必用な)につながる保健指導(特に個別支援・集団指導における運動指導)ができる能力」の習得
▼ アプローチ法
保健指導の「実働部隊」となるウエルネスインストラクターには3つの指導技術を習得していただきます。これらの指導技術を構成する要素を「ウエルネスコンポ」として体系化し、カリキュラムに反映させました。
3つの保健指導技術


1. アセスメント(リスク管理と評価)技術
2. コミュニケーション(コーチング)技術
3. モデフィケーション技術(強度変換・応用技術)

※信頼関係に基づいて入手した情報(検診結果、ライフスタイル、価値観、運動習慣や食習慣、行動変容ステージ等)についてアセスメントすることができ、適切なコーチングスキルにより行動変容を促し、自己効力感を高めながらプログラムを提供できる能力を養成します。いうなれば、「健康づくり支援Xコーチング」といった新しい健康指導のリーダー養成のためのカリキュラム構成となっております。
▼ 受験資格
グループエクササイズ(エアロビクス等の集団運動指導)の実務経験が3年以上の方。本カリキュラムは、既に基本的な運動生理学・解剖学等の知識を有する受講者の皆さんに、従来の「運動好きで身体的に制限のない健常者への一方的指導者(ティーチャー)」から「必ずしも運動好きとはいえない要支援者へのサポーター(コーチ)」へのスタイル変換法をわかりやすく提供します。本趣旨をよくご理解の上ご参加ください。
(※本受験資格に満たない方で、受験を希望される方には、JAAA本部・提携スタジオにてオーディション審査やインストラクター短期集中養成コースを開催しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい)
▼ 検定試験について
学科試験のみ(規定の点数に満たない場合は、試験のみ再チャレンジ頂けます)

カリキュラム構成要素
「ウエルネスコンポーネント(WELLNESS COMP)」

 

 WELLNESS COMPO I:身体活動・運動・食事に関する指導技術

A) 科学的根拠に基づく健康増進事業
B) 運動生理学・体力測定・評価(含検診結果の読み方)等に関する基礎知識
C) 身体活動・運動の量についてのアセスメントスキル(エクササイズガイドの活用)
D) 対象者別支援スキル{情報提供・動機付け支援・積極的支援}
E) 減量プログラムにおける運動と食事
F) 運動種目(有酸素運動【メタボ体操】・ストレッチ・筋トレ等)導入・指導、
強度変換スキル/グループダイナミックスを活用した集団指導スキル

 WELLNESS COMPO II:ライフスタイルコーチングに関する指導技術

G) 行動変容ステージに合わせた支援スキル
H) コミュニケーションスキル
I) 食生活に関する指導技術
J) 個別生活習慣(働き方、ストレス対処法{酒・たばこ}等に関するライフスキル

 WELNESS COMPO III:ツール開発・活用に関する指導技術

K) 教材(健康づくりダイアリー)の活用・プレゼンスキル
L) 簡易エクササイズツール(チューブ・棒・ボール等)の活用・プレゼンスキル
M) 企画・推進ワーク

 特 色
 「行動変容につながる保健(運動)指導ができる能力」の習得をねらいとして、特に個別支援・集団指導の実践スキルに比重を置いて提供します。 特にモディフィケーション(対象者にあわせて“適度”なエクササイズになるよう変換すること)とプレゼンテーションに重点が置かれます。これは、どちらかというとプログレッション(高い強度への変換)指導を提供してきたインストラクターの皆様に対して、階層化された変換技術を示すことにより、持ち前のホスピタリティで即戦力になってもらうのが狙いです。ウエルネスインストラクターの役割は、対象者が、押し付けや強制でなく、自らの意思による健康習慣の構築にむけて個別に動機付け支援することであり、決して判断や治療するものではありません。
不明な点・お問い合わせは:JAAA TEL 03(5669)5851まで